2009年07月07日

白ソニックの呪い

今朝、駅のホームで携帯を開いて七夕だということに気付きました。
つい一昨日までやってたのでたまたま覚えてるんですが、空の誕生日ですね<だからどうした

で、そんなことはどうでもよくて、
昨日、白ソニックに乗ったら発車が遅れたという話をしましたが、



今日も遅れました



というのも、ホームに入ってきたソニック2号で急病人が出て、車いすが出動。
しかも、入ってきたソニックは折り返し運転ではなく回送列車。

結局、ソニック5号は発車時刻を過ぎてからホームに入ってきました。
3分半ほど遅れて博多駅を出発。
まぁ、折尾に着いたときには1分程度の遅れになってましたが。

更に、折尾駅の西口で降りたんですが、
道路の反対側、行きたい方向の側に停まってたタクシーが丁度行ってしまい、
仕方ないので、手前側、行きたい方向とは逆方向に向かって
停まっているタクシーに乗りました。
当然、Uターンしないといけません。

問題はそのUターン。
どうも運転手は手前側、自分の後ろから来る車ばかり気にしていて、
私や先輩が当然のように気付いていた逆方向からくる二輪車と激突しそうになりました。
……いや、どこからどう見ても、バイクに突っ込んで行ってたぞ(((( ;゚д゚)))アワワワワ

その後、学研都市の案内用看板が見えた交差点で、信号待ちをしていました。
そのあたりから原付に乗った学生などが目立ち始めてたんですが、
バカな学生が、左折しようとした軽の冷蔵or冷凍車と一緒に発進して、
車の方がぶつかりそうになって急停止しました。
が、
どうも運転手の方がそれが見えてなかったのか、またしても近付いてから急ブレーキ。
ペーパーな俺ですらもっと早くブレーキ踏んでた自信があるんだけどなぁ……

そして、私はそのときになってやっと気づいたのです。
あ、この車、オートマだ。

どうやら外れだったのかなぁ、なんて心の中でひっそり思いました。

で、仕事の方もなんとか一段落ついてほぼ定時ぐらいで現地を後にできそうだったんですが、
リーダが一言余計だったというか、やんなくてもいいようなことを、やったら出来たみたいに言ってしまったため、
クライアントを全部その設定をする羽目になり、
しかも、担当の人はその後打ち合わせに入る上に、担当さんのPCだけやっぱりおかしいまま。
まぁ、再起動したら、直ったんですが、とにかくその作業で1時間潰れましたorz

なんかいろいろ呪われてるようなプロジェクトだったけれど、
昨日の不正中継監査を無事通過したことで本当に安堵してたんですが、なかなかどうして。
最後の最後までいろいろ問題が起きます。

だいたい、サーバを再起動しただけで、グループウェアの表示がおかしくなるってどういうことよ。
posted by 鏡月朱鷺 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記